日本模擬国連 模擬国連会議関西大会運営事務局

〜団体概要〜

【学生団体名】 日本模擬国連 模擬国連会議関西大会運営事務局

【設立年】 2001年

【代表者】 埋橋光

【所属大学】 大阪大学、神戸大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学

【SNS/HP】HP:http://www.kansai-mun.org/kmunc/

     Twitter:@KMUNC

     facebook:模擬国連会議関西大会

=================

Q1.メンバーはどれくらいいますか?

A.運営事務局のスタッフは約14人で、学年比率はおおよそ1.8:1(3年:2年)となっています。その他にも会議の作成に関わるスタッフが40名程度おり、全国から250名の参加者を迎えて大会を開催しています。

Q2.活動内容について教えてください。

A.模擬国連活動は世界中で通年、行われています。

その中、模擬国連活動の全国大会なるものが存在し、関西大会は日本最大級の模擬国連における全国大会です。関西のみならず日本全国の模擬国連活動の普及並びに質・レベルの高い模擬国連活動の場を提供することを目的として活動しております。今年は、全国各地300名の高校生・大学生に模擬活動の機会を提供する予定です。

Q3.活動背景を教えてください。

A.模擬国連とはその名の通り国連を模擬する活動です。多様な国家が主体となって様々な国際問題に取り組む場である国連、その国連での意思決定を題材に、参加者は各国様々な視点から国際問題に向き合います。

他方で、国連が取り組む諸問題に絶対的正答解が存在しないのも事実であり、それゆえ私たちが模擬する会議においても帰結すべき結論はありません。私たちが模擬するもの、それは答えのない問いへ解を導き出すプロセスそのものであるともいえます。

本活動は、国際の政治や問題への理解を深めるとともに、答えのない問いに向かって自ら仮説を立て、課題を設定し、解決を図るといった能力を体験的に育む機会であり、これからの国際社会で活躍する人材の育成に大きく貢献するものです。

Q4.どんな人と一緒に活動したいですか?

A.・多角的な視点から国際の政治や問題への知見や理解を深めたい方

 ・論理的思考やパブリックスピーキングなどの能力を育みたい方

#関西 #模擬国連 #模擬国連関西 #大学生 #学生団体

Featured Posts