AIESEC神戸大学委員会 プロジェクトリーダー 北川さん(2018年度)

今回取材させていただいたのは、

アイセック神戸大学委員会 送り出し事業プロジェクトリーダーの北川茉莉さんです!

〜プロフィール〜

【名前】 北川 茉莉

【略歴】 1年目 送り出し事業プロジェクトメンバー

     2年目 送り出し事業プロジェクトリーダー

【所属団体】 アイセック神戸大学委員会

=======================

Q1.アイセックへ入会した理由を教えてください。

A.もともと途上国支援に関心があったため新歓に行ってみると、本気で世界を変えたい!と語る先輩方に出会い、その姿にこの人たちと一緒に活動したい!この団体なら本当に世界を変えられるのではないか!とワクワクしたからです。

また、ある先輩に「この団体に所属する人は本気で人にぶつかってくれる」と聞いて、これまで表面上の付き合いしかしてこなかった自分に心から気が許せる仲間ができるかもしれないと思いました。

自分の志を熱く語る先輩方にある揺るがない軸に憧れを抱き、そんなかっこいい、強い人になりたいと思ったからです。

Q2.北川さんの活動内容について教えてください。

A.昨年は教育系の新規研修を企画・運営するプロジェクトのメンバーとして活動しました。具体的には、有権者(教育委員会の方・教員・学生企業家など)に現在の教育に関してヒアリングさせていただいたり、実際の学生にどのようなニーズがあるのかインタビューさせていただいたりして、社会的にも学生にも需要のある研修とはどのようなものか最後まで試行錯誤しました。

Q3.送り出し事業プロジェクトリーダーを選んだ理由を教えてください。

一つはリーダーの輩出を目指す団体に所属しているのに、自分はこれまでフォロワーでしかなかったと気づいたことがきっかけです。この団体に所属していれば自然と自分も成長できるのではないかとどこかで思っていました。しかし実際活動してみて、どんな環境にいようが結局は自分から動かなければ変わることはできないと感じました。このまま一生フォロワーで終わることに危機感を感じ、一種の成長機会として挑戦することにしました。 もう一つは前年先輩方をはじめプロジェクトのメンバーに多くの物をいただいたと思っているからです。親身になって、私の話を聞いてくださりました。時には今のままでいいのかとフィードバックしてくださったり、また、しんどくなった時は優しく励ましてくださったり、精一杯頑張った時は素直に認めてくださったりしました。そんな恩を今度は私が他のメンバーに返したいと思っています。

Q4.送り出し事業プロジェクトリーダーのやりがいを教えてください。

この役職についてやっと、先輩方の行動の背景がわかりました。どのような意図を持ってどのようにメンバーに接するのか。何もかも考えなければなりません。とても難しい仕事です。

しかし、私の行動がプロジェクトのメンバーに対し大きな影響を持っており、この1年間、さらには人生をも変え得ると考えると大きな責任を感じる一方で、やりがいを感じます。

Q5.どんな人に送り出し事業プロジェクトリーダーをオススメしたいですか?

A.・人の成長に関わりたい人/人と関わることが好きな人

 ・自分で何かを成し遂げたことがない人

Q6.アイセックにおけるご自身の成長や変化について教えてください。

A.プラス

・行動力がついたこと:これまでは決定の前に何か言い訳をして何だかんだ行動しなかったけれど、今はやりたい!っと思ったことに飛び込むことができるようになりました。しかし、ただ盲目的に手を出すのではありません。その結果どのようなメリット・デメリットがあるのかをしっかり判断した上で、リスクを取りながらも挑戦機会に恐れず飛ぶこむことができるようになりました。 それは周りの仲間が自分の好きなことに生き生きと取り組んでいる様子をみて素敵だなと感じ、刺激を受けたり、事業を進める上でいろんな観点から考える習慣を身につけたりできたからです。

・仲間ができたこと:ただいいと思うなどと無責任に上っ面で賛成するだけではなくて、相手にとって最善を考えた上で本音でぶつかってくれる仲間に出会えました。そのため、厳しいことを言われることもありましたが、それが自分の弱さと向き合うことにもなり非常にありがたいことだと感じています。

マイナス

特に感じていません 強いて言うなら時間が取られること。しかし、自分がやりたいことなら苦にはならないと思います。自分で優先順位をつけて、取捨選択してどんな活動も取り組むことが大切だと思っています。

Q7.アイセックを辞めずに続けられた理由を教えてください。

A.一番大きいのは仲間の存在だと思います。 活動を続けて行く中で、自分の得意分野を伸ばして活躍しているメンバーをみていると自分がまだまだだと感じることが多く、このくらいでいいやと変に満足することがありません。常に刺激を与えてくれます。 その一方で、自分の頑張りを認めてくれる仲間がいます。派手な成果を残したときだけでなく、陰で頑張ったことも誰かが見てくれていて、暖かい声をかけてくれました。

Q8.どのような人にアイセック入会をオススメしたいですか?

A.・何かしたいが何をしたらいいのかわからなくて、モヤモヤしている人

 ・本気で何かに取り組む感動を味わいたい人

 ・これまで薄っぺらい仲間関係しか築いてこなかった人

Q9. 今後、北川さんがやってみたいこと、実現したいことはなんですか?

A.現在企画・運営のリーダーを務めている、農業系海外インターンシップに参加してくれる学生を農業を牽引するリーダーへと成長させたいです。

そして、この海外インターンシップを国内市場の最有力にし、国内での認知を広げたいです。

=======================

北川さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

#学生団体 #大学生 #AIESECKB #海外インターンシップ

Featured Posts